過剰保湿ケアも注意

アトピーは保湿が重要ですが、実は保湿しすぎも注意が必要なのです。アトピー肌は乾燥が次の炎症につながります。そのため保湿は欠かせないケアの一つです。保湿をすることで外敵から守り、皮膚細胞の蒸発を抑える働きがあります。しかし保湿のしすぎの注意とは、いったいどのようなことなのでしょう。

まず保湿に使う薬などを肌に塗りつけますが、荒れてガサガサになっている皮膚は薬を塗りつけるだけでも傷を付けることがあります。その刺激がまた次の痒みや炎症につながることがあるのです。またいつも保湿をたっぷりしていることで、自然に自分から健康な肌になろうという、皮膚の自己治癒力を削いでしまうこともあります。つまり肌を甘やかしすぎることも良くないということなのです。

もちろん普通肌の人と違い、保湿は絶対に必要な状態ですが、やはり様子を見ながら保湿の程度をコントロールすることも大切になります。このように保湿が重要でありながら、保湿のしすぎは逆に良くないという難しいところがあるのです。そのため乾燥の非常に強いところと、そうでもない部分の保湿の仕方を調整するようにしましょう。また回数も多すぎず、刺激を与え過ぎないことも考えるようにしなければなりません。

ケアに天然オイルを

アトピー皮膚炎になってしまったら、ひどいときには医師の治療を受けることになります。しかし医師の多くが、わりとすぐに使用するステロイドはやはり使いたくないものです。そこでできるだけ保湿ケアをしっかりすることが必要とされています。アトピーの人も使える保湿化粧品などもいろいろ出回っていますが、できれば天然の安全なものを使いましょう。そこでご紹介するのが天然のオイルです。

どうしてもアトピー皮膚炎の人は肌をガードする力が低下しています。そこで天然由来のオイルを使って保湿ケアをしましょう。おすすめのオイルはホホバオイル、アーモンドオイル、オリーブオイル、ツバキオイル、馬油、ココナッツオイルなどですが、特にホホバオイルがおすすめです。

ただし天然由来のオイルといってもレベルはいろいろあり、やはり純度の高い高級なオイルを選ぶことが必要です。どのオイルも肌に刺激が少なく肌のためにも良いと言われていますが、ホホバオイルが一番人間の皮膚の分子構造に似ていると言われています。そのためアトピーで壊れてしまった表皮の代わりになるのです。アトピーは肌を守る表皮を、免疫の暴走によって攻撃をして壊してしまいます。それによって肌はより弱くなっていくという悪循環。だからホホバオイルなどで、表皮の代わりに皮膚細胞を守ることが必要になるなのです。

アトピーについて

アトピーはいわゆる普通の皮膚炎ではなく、アレルギーによってアレルゲンに対して抗体ができてしまい、免疫システムの暴走が起こった結果と言われています。つまり免疫システムがアレルゲンを外敵と判断してしまい、アレルゲンに強い攻撃をするため、その攻撃によって自身が傷付いてしまうというものです。そのため直接的な原因はアレルゲンにありますが、本来の原因はアレルギー体質によるものと言えます。

そしてアレルギーには4段階のレベルがあり、カサカサ肌で特に痒みもあまり強くなくアトピーと気付かない程度を軽微と言います。次の軽症になると赤みを帯びてカサカサになります。肌に粉が吹いたような場合もあり、痒みも多少出てくるといった程度。次に中等症というレベルになると患部は赤く熱を感じます。肌は薄い膜がはったようになり、痒みは強く出血も。痒みとそれを搔いたあとの痛みに苦しむことになります。そして重度になると患部は萎れた肌に。ガサガサ・シワシワの肌になり痒みは強まるのです。

このようにレベルがあり、軽いうちは自分で市販のステロイド入り軟膏などでしのぐことができますが、だんだんひどくなってしまうため、病院に最初から行き重度にならないように、正しい指導を受けることが大切です。治療では多くの場合ステロイド軟膏によって痒みを抑えます。それと同時に抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の処方がされます。そしてもう一つ、尿素軟膏や白色ワセリン、亜鉛華軟膏などで保湿ケアをするように指導されます。保湿をすることでアトピーの予防にも。そして保湿によって肌のガードを強め、アレルゲンから守ることで免疫の暴走を起こさないようにしていくのです。