過剰保湿ケアも注意

アトピーは保湿が重要ですが、実は保湿しすぎも注意が必要なのです。アトピー肌は乾燥が次の炎症につながります。そのため保湿は欠かせないケアの一つです。保湿をすることで外敵から守り、皮膚細胞の蒸発を抑える働きがあります。しかし保湿のしすぎの注意とは、いったいどのようなことなのでしょう。

まず保湿に使う薬などを肌に塗りつけますが、荒れてガサガサになっている皮膚は薬を塗りつけるだけでも傷を付けることがあります。その刺激がまた次の痒みや炎症につながることがあるのです。またいつも保湿をたっぷりしていることで、自然に自分から健康な肌になろうという、皮膚の自己治癒力を削いでしまうこともあります。つまり肌を甘やかしすぎることも良くないということなのです。

もちろん普通肌の人と違い、保湿は絶対に必要な状態ですが、やはり様子を見ながら保湿の程度をコントロールすることも大切になります。このように保湿が重要でありながら、保湿のしすぎは逆に良くないという難しいところがあるのです。そのため乾燥の非常に強いところと、そうでもない部分の保湿の仕方を調整するようにしましょう。また回数も多すぎず、刺激を与え過ぎないことも考えるようにしなければなりません。